【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較

orbis 【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較
2018年モデルが発売されたので追記・修正しました。

現在、2011年モデルのセルスターのレーダー探知機を使っています。 (2017年12月にユピテルの最上位簡易版W50を購入しました。) 最近は車での移動が減ったのでそれほど必要性がないのですがセンサーとGPSの精度がいまひとつということと、新型(小型)オービスが流行っているのでそろそろ買い替えを検討しています。
この新型オービスには以下の5種類あるそうです。

  • 半可搬式中型オービス2種類
  • 仮固定式中型オービス1種類
  • 可搬式小型オービス2種類

仮固定式のものにはニコンのカメラがそのまま入っているとのことです。

ここではレーダー探知機シェアトップ3のユピテル、セルスター、コムテックを比較します。

レーダー探知機大手3社ユピテル・セルスター・コムテック 2018年モデルの特徴

2018年現行モデルをざっくり調べた3社の特徴は下表の通りです。

コムテックは903VSのみ無線LAN内蔵です。 ユピテルのデータ更新は有料ですが全額ポイント還元され、優待商品やオプション品に全額使えます。※ポイント有効期限2年
ユピテルセルスターコムテック
GPSデータ種類55種67種明記なし
GPSデータ数140,000173,000165,000
取締・検問データ数54,00051,00060,000
新型オービス電波対応×
データ更新料有料 4860円/年 972円/35日間無料無料
無線LAN更新無線SDカード要 正規7560円 東芝製3000円弱標準装備無線SDカード要 正規5〜6000円 東芝製3000円弱
保証期間3年
生産国日本日本日本 (705Vのみ)
最上位モデル 発売月 Amazon価格GWR403sd 2018/1 32066EA-001W 2018/1 なし ZERO 705V 2018/1 26,556

新型(小型)オービスが増えていますし、レーダー探知機は5年以上は使い続けるので買い換えるなら電波対応しているものが良いですね。
コムテックは誤警報が多いとのレビューがちらほらあるので躊躇してしまいます。
旅行時のみ有料で更新するとして新型オービス電波対応で安定のユピテルにするのもありですね。
セルスターは新型オービスの電波に対応していませんがデータ更新無料、無線LAN更新標準装備というのは良いですね。
来年のセルスターに期待して見送るのもありかもしれません。 各社のラインナップを詳しく見ていきます。

  • 一体型
  • セパレート型
  • ミラー型

がありますが主流の一体型だけを比較します。

ユピテルレーダー探知機2018年2017年モデル比較表

ユピテルには性能が同じで販売経路が違うだけの型番違い(A330とGWR403sd)があります。 また、A330ベースの無線14バンド受信機能のないモデルL60,W51があります。 W51は取扱説明書(←WEBからダウンロード可)もないWEB限定モデルです。無線14バンドがなくてもほぼ問題ないのでL60かW51でも良さそうです。
2017年モデルの50周年アニバーサリーモデルW50がよく売れたため実店舗でも安い無線14バンドのないL60を販売する流れになったのかなと思われます。

2018年モデルの2017モデルからの進化は

  • GPS衛星数増加
  • アラートCGとPhoto 警告文字が1.5倍にもなってより見やすくなっている
  • 標高データ追加で高速と一般道の識別が安定
  • 高速道 制限速度引き上げ対応
  • 要注意踏切追加

となっています。

W51以外の楽天、ヤフーの価格は省きました。
A330 GWR403sd
L60
W51
A320 GWR303sd W50A230A130
 ディスプレイ3.63.63.63.6
 フルマップ
タッチパネル×
リモコン×
新型オービス電波
ガリレオ衛星×
センサージャイロ・Gセンサー・気圧・照度
発売月2018/12017/12018/22018/2
Amazon34000
32066
23544
19800
27800
24229
18740
なし なし
楽天1980018801
ヤフーgifbanner?sid=3314996&pid=885006331 【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較19800gifbanner?sid=3314996&pid=885006331 【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較18800

コスパで選ぶなら

  • 安くなっている2017年モデルの最上位モデル
  • 2018年の最上位無線なしモデルW51

の2択かなと思います。

セルスターレーダー探知機2018年2017年モデル比較表

セルスターは一体型だけで言えば

  • ARシリーズ(カー用品店モデル)
    メインシリーズなのでこのシリーズを選んでおけばOK。
  • VAシリーズ(ホームセンター・ディスカウントストアモデル)
    色々と機能が省かれているのでよく見て購入する必要あり。
  • EAシリーズ(ディーラー・特定店モデル)
  • YAシリーズ(イエローハット専用モデル)

となっています。ARシリーズの中でも無線LAN搭載の50系以上を選んでおけばOKという感じですがリコモンでの操作性はイマイチなのでタッチパネルの最上位80系が無難でしょう。

2018年1月にEA-001WというEXTRA ASSURAという新しいライン(ディーラー・特定店モデル)が発売されましたが新型オービスのレーダー探知には非対応のままです。
6月頃発売の最上位機種に搭載するのかもしれませんが探知できないレーザーが多いので対応しない方針なのかもしれません。

2018年モデルの2017モデルからの進化は

  • 逆走警告(高速道逆走注意エリア収録)
  • 新型取締機を事前&直前でW警告
  • 停車時警告キャンセル機能

となっています。

最上位モデル以外の楽天、ヤフーの価格を省きました。
AR-W53GAAR-W43GAAR-W81GAAR-W51GAAR-W41GAAR-13EAAR-11EAVA-910E
 ディスプレイ3.23.73.2
 フルマップ×
タッチパネル××
リモコン××
新型オービス電波×
ガリレオ衛星×
センサージャイロ・Gセンサー・気圧なし
無線LAN内臓××
発売月2018/32018/32017/62017/12017/12018/42017/82017/5
Amazon3345826784289062349118676195981344212027
楽天28890 – –
ヤフーgifbanner?sid=3314996&pid=885006331 【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較28890 –

コムテックレーダー探知機2018年2017年モデル比較表

コムテックの主流はフルマップ非搭載の700系です。
現在700系は半年間毎にリニューアルされています。

2018年モデルの705Vの704Vからの進化は

  • 海外製から日本製
  • ガリレオ衛星対応によりGPS衛星数増加
  • ユーザー投稿システム追加(無線LAN内蔵SDカードが必要)

となっています。 様々なレビューでコムテックは誤報が多いとありますが日本製になったことで解消されたのでしょうか? 発売されて間もないのでレビューが少ないですがユピテルよりは誤報が多いというレビューがありました。

普及モデルの700系以外の楽天、ヤフーの価格を省きました。
ZERO
903VS
ZERO
805V
ZERO
803V
ZERO
705V
ZERO
704V
ZERO
703V
ZERO
304V
 ディスプレイ3.24.03.22.4
 フルマップ×
タッチパネル×
リモコン×
新型オービス電波×○+識別○+識別
ガリレオ衛星×××
センサージャイロ・GセンサーGセンサー
発売月2017/32018/32017/22018/12017/72017/12017/8
Amazon24200301802000026556199801480015230
楽天278002049015800
ヤフーgifbanner?sid=3314996&pid=885006331 【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較26800gifbanner?sid=3314996&pid=885006331 【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較20490gifbanner?sid=3314996&pid=885006331 【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較16550
  • 更新が有料だがGPSデータ・レーダー性能に定評があり、最上位簡易モデルのあるユピテル
    レーダー性能重視、車の利用頻度が少ない、たまにしか遠出しないという人向け
  • 未だに新型オービスのレーダーに対応していないが更新無料のセルスター
    フルマップは必要で常に更新したいという人向け
  • フルマップ非対応機種が主力で更新無料のコムテック
    フルマップは不要で常に更新したいという人向け

といった感じでしょうか。一長一短ですね。 2018年モデルはまだ発売されたばかりなので少し高めです。2017年からの進化のポイントを吟味してどちらかを購入するか2018年モデルが価格がこなれるのを待つかというところですね。 私は2017年12月に買い換えましたが車の利用頻度が少なく、あまり遠出しないのでユピテルの最上位簡易モデルW50にしました。

ユピテルレーダー探知機W50のレビュー

W50を数ヶ月使ったのでレビューします。 今まで何回か取締・検問をしていた場所で反応がなかったセルスターですがユピテルはきっちり教えてくれます。え??ここも取締してたの??と知らなかったところもありました。 取締・検問データ数はセルスターが48,000、ユピテルが53,000でユピテルの方が多いのでそのおかげかもしれません。取締・検問データの精度が高いのだと思います。 ユピテルのカタログには下記のように書かれています。

ユピテルのデータ更新はなぜ有料なのですか? ユピテルのデータは、調査員が直接現地に行って位置情報を確認するなど、自社で調査を行い、可能な限り正確で迅速なデータ登録を行います。

更新料はかかってしまいますが毎月ではなく、知らない土地などに遠出する時だけ更新すれば、セルスター最上位モデルより安くなりそうです。 あと、初のフルマップでしたがどこで実施されているのかがわかりやすくて良いですね。 2018年のセルスターを待たずに購入して良かったです。 何回かスピード違反の取締に出くわしましたがちゃんと知らせてくれました。

現在は後継機の2018年モデルW51が発売されており、価格もあまり差がないのでW51がおすすめです。

対応しているOBD2アダプターはこちら

orbis-356x213 【2018年】レーダー探知機 ユピテル セルスター コムテックの性能・最安価格比較

シェアして頂けると励みになります

気軽にコメントどうぞ