トレンドマイクロ社 ウイルスバスター for Home Networkのメリットとデメリットと料金比較

trendmicro-virusbuster-home-network トレンドマイクロ社 ウイルスバスター for Home Networkのメリットとデメリットと料金比較

昨年の12月にトレンドマイクロ社がウイルスバスター for Home Network(ホームネットワーク)を発売しました。

この商品は既存のルーターの空いているポートに接続するだけでルーター接続機器全てを有害サイトやネットワーク攻撃から保護するというものです。

trendmicro-virusbuster-home-network-2 トレンドマイクロ社 ウイルスバスター for Home Networkのメリットとデメリットと料金比較

Copyright © 2017 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

ウイルスバスター for Home Networkのメリット

セキュリティ対策ソフトを入れられなかった機器にも有効

trendmicro-virusbuster-home-network-2 トレンドマイクロ社 ウイルスバスター for Home Networkのメリットとデメリットと料金比較

ルーター、IPカメラ、ゲーム機器、テレビなどのセキュリティ対策ソフトを入れられなかったものにもそれと同等の効果を得ることができます。
今後IOT機器が普及し、冷蔵庫、電子レンジなど何から何までネットワークに含まれていき、それらをターゲットにしたウィルスやハッキングなども普及しつつあります。
既にIPカメラを中心とした乗っ取り及び遠隔操作がニュースに取り上げられることも多くなっていますし、昨年では監視カメラやデジタルビデオレコーダーが乗っ取られ、それを踏み台にしTwitterやアマゾンなどへの攻撃がされたニュースもありました。
そんな中ではこういった商品は必須になるでしょう。

ルーターに挿すだけの手軽さ

ネットワーク設定の変更など難しい設定を省くために既存ルーターのポートに挿すだけの仕様にしたそうです。
これは助かります。多くの一般ユーザーがネットワーク設定なんて?でしょうから。

ウイルスバスター for Home Networkのデメリット

デメリットというか注意点のようなものも含まれます。

あくまでも家庭のネットワーク下でのセキュリティ対策

trendmicro-virusbuster-home-network-2 トレンドマイクロ社 ウイルスバスター for Home Networkのメリットとデメリットと料金比較

先ほどのメリットにあった画像と同じですが見ての通り、ホームネットワークだけでのセキュリティなどので家以外で使うスマホ、ノートパソコンなどは別途通常のセキュリティ対策ソフトが必要になります。

USBはセキュリティ対象外

ルーターに接続してネットワークだけを見ているのでよくセキュリティホールになりやすいUSBフラッシュメモリーはセキュリティ対象外です。パソコンやスマホでUSB接続するものにも別途通常のセキュリティ対策ソフトが必要になります。

ルーターの種類により使えないものがある

これはアマゾンのレビューにありましたがルーターによっては使えないものもあるようです。

トレンドマイクロ社 ウイルスバスター for Home Networkの料金比較

このウイルスバスター for Home Networkの料金ですが

  • 機器(1年ライセンス込)
    公式・楽天市場・Amazon
  • 機器と1ヶ月ライセンス定期購入
    アマゾン

この2種類の購入方法があります。公式と各ネットショップを比較したいと思います。

公式 機器1年ライセンス込
19,224円(別途送料432円)
楽天 機器1年ライセンス込 16,330円
Amazon 機器1年ライセンス込 16,330円
機器10,800円
1ヶ月ライセンス540円(年6480円)

公式はなしとして、1年で見ると楽天、アマゾンの1年ライセンス込みの方がアマゾンの機器と1ヶ月ライセンスより1000円ほど安いですが

ルーターによって使えない

という情報を見てしまうと返品が可能で1ヶ月で止めることが可能なアマゾンの機器と1ヶ月ライセンスの方が安心です。

trendmicro-virusbuster-home-network-486x211 トレンドマイクロ社 ウイルスバスター for Home Networkのメリットとデメリットと料金比較

シェアして頂けると励みになります

気軽にコメントどうぞ