セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法

self-medication-tax-system セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法

セルフメディケーション税制(厚生労働省概要ページ)という新たに所得控除が受けられる制度が2017年1月から始まりましたがご存知でしょうか?
私はひょんなことからこの制度を知ることができたのですが知っているのと知らないのとでは税金の額が最大39600円、一般的なサラリーマンの収入だと最大2万円ほど変わってくるのでしっかり理解して活用しない手はありません。

冒頭で厚生労働省のページを紹介していますがどうしても役所的で見にくく分かりにくいので武田薬品工業株式会社が分かりやすくまとめているサイトがあるのでそちらと合わせて一読するとより理解できるでしょう。

ここでも重要部分を引用させて頂きながら簡単にセルフメディケーション税制の内容を簡単に紹介します。

セルフメディケーション税制とは?

従来の医療費控除制度の適用条件である年間の自己負担した医療費が10万円を超えなくても、対象となるOTC医薬品の年間購入額が1万2,000円を超え、一定の取り組み(本特例の適用条件)を行った方が適用を受けられる可能性がある新しい制度です。

医療費控除制度という自己負担した医療費を10万円以上払うと所得控除される仕組みがありますがそれとは別に自分で市販の対象となるOTC医薬品を1万2000円以上(上限金額8万8000円)払うと所得控除される仕組みです。

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの各1年、合計5年間が対象期間となっています。
税制なので確定申告(翌年2月16日から3月15日まで)での申告が必要です。

医療費控除制度とセルフメディケーション税制の併用はできません。医療費控除制度の方が控除額が大きいので医療費控除を受けられる人には関係ないと思っていても良いでしょう。

セルフメディケーション税制の申告対象となる人

以下の3つの事項の全てに該当する人です。

  • 所得税、住民税を納めている。
  • 1年間(1~12月)に健康の維持増進および疾病の予防への取組として申告予定者が一定の取組を行っている。(特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診)
  • 1年間(1~12月)で、対象となるOTC医薬品を12,000円を超えて購入している(扶養家族分を合算)。

※申告予定者は、1月1日~12月31日の1年間で、対象となるOTC医薬品の購入合計金額をレシート(領収書)で確認することになります。

1番目の所得税、住民税を納めているというのはほぼ大丈夫かと思います。
2番目の特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診というのはサラリーマンの人は大丈夫でしょうがフリーランスの人はされていない人もいるかと思います。
セルフメディケーション税制施行を機に健康診断を受けてみるのも良いかもしれません。

セルフメディケーション税制の減税される額の計算方法

例:一定の取組を行った所得税率20%の申告
者が、対象製品を年間5万円購入した場合、

  • 所得税(国税)分:
    (5万円-1万2,000円)×20%=7,600円
  • 翌年度の住民税(地方税)分:
    (5万円-1万2,000円)×個人住民税率10%=3,800円
  • 減税額:所得税+住民税=11,400円
    11,400円が減税(戻ってくる)金額になります。

5万円使って11400円戻ってくるので22.8%も得をすることになります。

1万2,000円を超えた金額が減税額(戻ってくる金額)になるわけではありません。

セルフメディケーション税制対象商品を探す4つの方法

ここからが本題です。セルフメディケーション税制の対象のものとそうじゃないものがあり、どう探したら良いのかが一番気がかりな点です。

セルフメディケーション対象商品を探す方法としては

  1. 厚生労働省の対象品目一覧で製品名で検索する
    自分が今使っている医薬品が対象なのか確認するのに適しています。
  2. 各メーカーのセルフメディケーション対象商品一覧ページで探す
    使っている医薬品が対象外で代替のものを探すのに適しています。
  3. 【おすすめ】Amazonで「セルフメディケーション」と検索する
    売れ筋がヒットしやすいので見つけやすいですしネットは安いです。
  4. お店でセルフメディケーション税制対象商品を探す
    検索するのが面倒という人には良いでしょう。

これら3つの方法があるのでそれぞれ詳しく見ていきます。

厚生労働省の対象品目一覧で製品名で検索する方法

冒頭の厚生労働省のリンク先対象品目一覧(平成29年6月19日時点PDF版)があり、品名、メーカーが載っています。

ブラウザの検索機能を使えばすぐに検索ができます。自分のよく使っているOTC医薬品が対象なのか調べるのに役立ちます。

PC(Chrome)で対象商品を検索する方法

例えばPC(Chrome)でPDF版を見ると下の画像のように検索してみてください。

self-medication-tax-system-pdf セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法 self-medication-tax-system-pdf セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法

iPhoneのSafariで対象商品を検索する方法

self-medication-tax-system-pdf セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法 self-medication-tax-system-pdf セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法 self-medication-tax-system-pdf セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法

各メーカーのセルフメディケーション対象商品一覧ページで探す

製品名がわからない場合もあるのでその時は各メーカーのセルフメディケーション対象商品を一覧にしているページをみてください。

検索で上位に表示された会社のみ掲載しています。

【おすすめ】Amazonで「セルフメディケーション」と検索する

なぜAmazonなのか?
それは楽天市場self-medication-tax-system-pdf セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法ヤフーショッピングで検索すると同じ商品が被って表示されるのに対してAmazonだと同じ商品は表示されなく人気商品が一目でわかるからです。各リンクは各ショップでセルフメディケーションと検索しているリンクなのでその違いを確認して見てください。

あと、購入するのもAmazonがオススメです。Amazonは金額が小さくても送料無料なものが多く、他社と比較しても送料込み価格が安い傾向があります。
また、Amazonプライムのお急ぎ便では当日か翌日に商品が届くのでいざという時にも重宝します。

お店でセルフメディケーション税制対象商品を探す

お店でわざわざ検索するのも大変だなあと思う人もいるでしょう。
安心してください。ロゴがついていますよ!

self-medication-tax-system-pdf セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法

2017年1月から順次このロゴがついているパッケージが並んでいるので一目瞭然です。

また、レシートにも対象商品だという明示された記載がされます。
武田薬品工業株式会社のサイトにレシート例が載っています。

そのレシートがないと申告ができないのでしっかり保管しておきましょう。

私が購入するセルフメディケーション税制対象商品

先ほどの検索方法で検索した結果、私が購入する予定のセルフメディケーション税制対象商品を紹介します。

キューピーコーワiプラス 180錠

仕事柄、PC、スマホを見ることが多いので眼精疲労、肩こりには悩まれます。
毎日は飲みませんがちょっと辛くなってきた時に数日飲むようにしています。
年1箱ぐらいは消費すると思います。1箱3000円ほどなのでこれで最低12000円の4分の1クリアです。

ザジテンAL鼻炎スプレーα 12mL

通年花粉症、アレルギーの私には必須の点鼻薬です。鼻がムズムズしたら使っています。
病院で処方してもらっている抗ヒスタミン剤の飲み薬だけではちょっと厳しい時があるのでたまに使っています。
血管収縮剤入りとステロイド入りは長期使用するのが怖いので入ってないものを選んでいます。
年に2本ぐらいだと思います。1本1500円ほどなので2本で3000円です。これでようやく12000円の半分クリアです。

マイティアアルピタットNEXα 15mL

点鼻薬と同じく花粉症、アレルギー対策です。目が痒くなった時に使っています。
色々試してこれが自分には合ったのでそれからはずっと使っています。
これも年2本消費で3000円ほどです。ここで4分の3クリアです。
他に絶対に使用するOTC医薬品はないので大量買いをしないとなかなか1万2千円を超すのは厳しいですね。

まとめ こんなセルフメディケーション税制対象商品もある?

セルフメディケーション税制をフル(上限の8万8000円)で活用すると税金の額が最大39600円、一般的なサラリーマンの収入(所得額330万円~695万円、所得税率20%)だと22,800円安くなります。

一人暮らしには最低の1万2000円を超えるのはきついかもしれません。
家族がいたら合算可能なので意外と超えるのは簡単かもしれません。
この1万2千円というハードルは通年花粉症、アレルギーがあり、常備薬が必要な私でも結構きついので大多数の人は超えにくいのではないかなあと思います。

ビタミン剤も対象のものもあったりします。
今使っている医薬品の代用になり得るものが対象商品ならそちらに変えるというのもありでしょう。
2年に一度大量買いするのも手ではあります。

セルフメディケーション税制対象 ビタミン剤

セルフメディケーション税制対象 皮膚治療薬と頭皮湿疹

セルフメディケーション税制対象 風邪薬

セルフメディケーション税制対象 禁煙補助剤

self-medication-tax-system-486x290 セルフメディケーション税制の対象商品を探す4つの方法

シェアして頂けると励みになります

気軽にコメントどうぞ