9月末でキャッシュバック終了!
現在駆け込み需要により混み合っています。9月末までに契約完了(開通)しないと適用外のため、お急ぎください!※ネット契約は日数を要します。

【2019年】NEC おすすめ無線LAN Wi-Fiルーター性能・最安価格比較表

NECのWi-Fiルーターの性能・最安価格の比較表です。
NECのWi-Fiルーターは9種類ありますがメーカーのページだけでは違いがわかりにくいので見やすくまとめています。
また、各モールの最安値も比較できるためどの機種をどこで買うべきかわかりやすいかと思います。記事の価格は記事作成時点のものなのでその時々にチェックして下さい。

Wi-Fiルーター関連記事一覧

Wi-Fiルーターを選ぶのに必要な比較基準は?

まずWi-Fiルーターを比較するに当たって比較すべき基準は何かを知る必要があります。

  • アンテナ数・CPU性能
    具体的なCPU性能はバッファローのハイスペックのものしか明記されていませんがアンテナ数が多いほど処理速度の速いCPUがついてます。
    アンテナ数が同じでもグレードの高いものはよりCPU性能が良いです。
  • 推奨住環境・接続台数
    アンテナ数やCPU性能を元に使用しても問題ないとメーカーが推奨する住環境と推奨or最大接続台数です。
    戸建だと2,3階建、マンションだと2,3,4LDKと間取りの表記がされています。
  • 対応規格(IEEE802.11a、b、n、ac、ax)今後は802.11ac→Wi-Fi 5、802.11ax→Wi-Fi 6
    今やWi-Fi5(IEEE802.11ac)に対応してない方が少ないですが格安のものや古いものにはついていません。
    必ずWi-Fi5またはWi-Fi6対応のものを選びましょう。
  • 有線接続の最大速度
    ローモデルの一部は最大速度が100Mbpsなので有線接続している人は注意しましょう。
  • v6プラス(IPv6 IPoE、MAP-E、DS-Lite)対応
    速度制限がなく、夜間の混雑した時間帯でも遅くなりにくい回線システムのことです。
    v6プラスに対応したホームゲートウェイであれば対応機種は必要ありません。
    ソフトバンク光の人も光BBユニット経由で接続するだけで大丈夫なので対応機種は必要ありません。
    対応機種はバッファロー、IOデータだけでしたがようやく2018年6月になって国内全メーカーに対応モデルがある状況となりました。
    v6プラスの特徴、対応機器は日本ネットワークイネイブラーのページで確認して下さい。
  • USB
    USBがついていないものもあり、USBが付いているつもりで購入したが付いてなく違うのを購入したというのをよく見かけます。
    最近のUSB搭載モデルは国内メーカーではバッファローだけとなっています。
  • MU-MIMO(2,3台同時通信可能)
    スマホなどの受信側が対応していないと意味がありません。
    現在、AQUOS、arrowsなどの一部の端末だけしか対応していないのでほぼ使えないものと考えて良いかと思います。

現在の使用状況ではなく数年先の使用状況を考慮してから購入すべきです。
Wi-Fiルーターを買い換えるのが壊れるまで使う人がほとんどなので現時点では基準を満たしていてもすぐに買い替える必要が出てくる可能性が高いです。

子供が成長し、スマホ、PCなどをWi-Fiで接続するようになりWi-Fiのキャパを超え、速度が遅くなったり通信が途絶えたりするというのはよくある例です。
特に今後は様々な機器がネットワーク化するIOTが進むので接続機器が増える傾向にあるので今の適応基準より一つ以上、上のものを選ぶのが長い目で見てお得かと思います。

Wi-Fiルーターを変えても速度が遅いのはLANケーブルのせい?

LANケーブルの耐用年数は屋内使用で20〜30年と言われていますが環境や使い方によっては数年でダメになることもあります。
新しいWi-Fiをルーターを購入しても速度が改善されない場合はLANケーブルも疑って下さい。

LANケーブルの規格には現在販売されているものは以下の6種類あります。

  • CAT5(カテゴリー5)
  • CAT5e(カテゴリー5e)
  • CAT6(カテゴリー6)
  • CAT6A(カテゴリー6A)
  • CAT7(カテゴリー7)
  • CAT8(カテゴリー8)

特徴は下表の通りです。

CAT5 CAT5e CAT6 CAT6A(6e) CAT7 CAT7A CAT8
最大速度 100MB 1Gbps 1Gbps 10Gbps 10Gbps 10Gbps 40/25Gbps
伝送帯域 100MHz 100MHz 250MHz 500MHz 600MHz 1000MHz 2000MHz

珍しいと思いますがCAT5以下は100Mbpsまでしか速度が出ないため、もし1Gbpsの光回線で使っている場合は即替えて下さい。ちなみにWi-Fiルーターに付属されているものはほぼCAT5eです。
CAT5e、CAT6、CAT6A、CAT7、CAT8共に1Gbpsに対応してますが数字が上がるにつれて伝送帯域が上がり、より多くのデータを送信できるので動画をよく見る人も6A以上に替えると良いでしょう。
現在はCAT6Aが主流ですがCAT7(8)はノイズ耐性に強いため

  • ノイズが多い
  • LANケーブルが長くノイズを受けやすい

などといった場合には有効なのでCAT7(8)も選択肢に入ります。

LANケーブルの主なメーカーは以下の3社あります。
(価格.comのPVシェアのランキング順)

  1. サンワサプライ
  2. エレコム
  3. バッファロー

上位3社で9割近くシェアがあるのでこの3社から選んでおけば間違いはないでしょう。

ネット- ケーブル-モデム(ONU)-ケーブル-ルーター
という構成が多いと思いますが1本でもボトルネックになると意味ないので買い替えるなら2本必要です。

LANケーブル CAT5e CAT6 CAT7 CAT8の速度比較しましたが以下がおすすめです。

Wi-Fiルーターの電気代と再起動で解消する不具合対策

どんなWi-Fiルーターでも再起動しないと治らない不具合がよく起こりますが
デジタルタイマーを使って自動で毎日電源を切り再起動することで不具合を起こりにくくします。

私は最新の5万円以上のルーターにしてもちょこちょこ起こっていましたが
デジタルタイマーを使うようになってほとんど不具合が起こらなくなりました。

NECのルーターの全ラインナップ

微妙に型番が違うものもあったりするので少し整理したいと思います。
アンテナ数を基準に区別していきます。
※現在NECにはメッシュ対応のWi-Fiルーターはありません。

間もなく廃盤で在庫の少ないWG2200HP、WG1200HS2は載せていません。
4本モデル WG2600HP3
WG2600HS
3本モデル WG1900HP2
WG1800HP4
2本モデル WG1200HP3
WG1200HS3
WG1200CR
WF1200CR
1本モデル WF800HP(ac1本)
W500P(ポータル)

アンテナ1,2本モデルと3,4本モデルで詳しく比較していきます。

NEC W500P・WF800HP・WF1200CR・WG1200CR・WG1200HS3・WG1200HP3の性能・最安値比較表

アンテナ1,2本モデルの比較です。

W500P WF800HP WF1200CR WG1200CR WG1200HS3 WG1200HP3
画像
発売月 2014/2 2013/6 2017/6 2018/2 2018/10 2018/6
間取
接続数
ホテル 2階・3LDK
10台
3階・4LDK
15台
スループット 95Mbps 597Mbps 612Mbps
CPU シングルコア
iPv6
安心ネット
子ども
×
中継 ×
バンドステ ×
Amazon 3000 3341 3540 4298 5461 6600
楽天 4330 4077 3693 3900 5379 6237
ヤフー 2980 4149 3340 3893 5380 5981

正直、価格と性能からしてWF800HP、WF1200CR、WG1200CRは選ぶ必要がないでしょう。
どうしても安いのがいい場合はせめてWG1200CRが良いでしょう。

iPv6対応、IPv6 High Speed機能搭載のWG1200HS3、WG1200HP3の2択で、ハンドステアリングが必要かどうかでどちらかに決めれば良いと思います。
ハンドステアリングについては以下、公式の説明を参考にして下さい。

【バンドステアリング】で混雑していない周波数帯を自動選択

Wi-Fi端末の電波強度や対応帯域を判別し、5GHz帯と2.4GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動で振り分ける機能が【バンドステアリング】です。Wi-Fi端末ごとに適切な周波数帯に移動させることで電波の混雑を解消し、快適な通信を提供します。
また、Wi-Fi端末ごとに周波数帯を固定する設定も可能。家の中の電波状況を確認して、あらかじめ振り分けておくことができます。

* 端末の機能や仕様により周波数帯が切り替わらない場合があります。

NEC WG1800HP4・WG1900HP2・WG2600HS・WG2600HP3の性能・最安値比較表

アンテナ3,4本モデルの比較です。
WG1800HP4とWG1900HP2のアンテナ数は5GHz帯3本、2.4GHz帯4本です。

WG1800HP4 WG1900HP2 WG2600HS WG2600HP3
画像
発売月 2018/10 2018/7 2018/1 2018/7
間取
接続数
3階・4LDK
18台
スループット 842Mbps 1048Mbps 1430Mbps
CPU デュアルコア デュアルコア+無線用CPU
バンドステ × ×
ワイドレンジ ×
Amazon 8300 9620 10230 12978
楽天 7722 9304 10128 12979
ヤフー 7723 9292 10479 12500

3,4本モデルは基本的な機能は同じなのでスループット、CPU、バンドステアリングやワイドレンジアンテナの有無で決めれば良いでしょう。
静的ルーティング、DMZホスト機能などの玄人向け機能は最上位のWG2600HP3しかありません。
ワイドレンジアンテナについては以下、公式の説明を参考にして下さい。

[ワイドレンジアンテナ]で“スマホに最適”、さらに“業界最速”

Atermシリーズの高速通信のカギである[μSRアンテナ]や[μEBG構造]に加えて、立体的な三方向にまんべんなく電波を放射する独自の[ワイドレンジアンテナ]を採用。360°電波が届き、安定した通信が行えます。パワーアップした複数のアンテナによって実効スループット約1430Mbpsの業界最速の高速通信を実現!

従来機では基板全体で3直交の偏波を実現していましたが、[ワイドレンジアンテナ]では4つのアンテナそれぞれ単体で3直交または2直交の性能を持ち、“多重偏波”を実現。
これによりスマートフォンなどの端末をいろいろな角度で使っても電波の強弱がなく、しっかり届くので快適です。

NEC おすすめWi-Fiルーター性能・最安値比較表

以上の比較表で導き出したNECのおすすめWi-Fiルーターは以下の通りです。

  • エントリーモデル
    WG1200HP3
  • ミドルレンジモデル
    コスパの良いWG1900HP2
  • ハイスペックモデル
    最速のWG2600HP3

エントリーモデルはミドルレンジ以上のモデルと比べて顕著に電波の広がりが弱く、速度が遅い傾向があるのであまりおすすめしません。
多くの人はWG1900HP2がおすすめです。
より速度、安定性を求める人はWG2600HP3がおすすめです。

WG1200HP3 WG1900HP2 WG2600HP3
画像
発売月 2018/6 2018/7 2018/7
間取
接続数
3階・4LDK
15台
3階・4LDK
18台
スループット 612Mbps 842Mbps 1430Mbps
CPU シングルコア デュアルコア デュアルコア+無線用CPU
iPv6
安心ネット
子ども
中継
バンドステ
ワイドレンジ ×
Amazon 6600 9620 12978
楽天 6237 9304 12979
ヤフー 5981 9292 12500

シェアして頂けると励みになります

9月末でキャッシュバック終了!
現在駆け込み需要により混み合っています。9月末までに契約完了(開通)しないと適用外のため、お急ぎください!※ネット契約は日数を要します。

気軽にコメントどうぞ