MacBook iPad iPhoneのブラウザをSafariにするかChromeにするか問題

一昔前にはMacではChromeのバッテリー消費がひどいという情報も出ていましたがここ最近は改善されたという情報もあってそれを信用してChromeを使っていたのですがMacBook Air(バッテリー12時間)からMacBook Pro(バッテリー10時間)に変更してから電池が1日持たなくなってしまったのでSafariを使ってみたところ、明らかにSafariの方の電池持ちが良いんですよねー。

MacBook SafariとChromeのバッテリー消費比較

ということでMacbook Pro 13インチ2016年タッチバーなしモデル(macOS 10.12.3)でSafariとChromeの挙動をアクティビティモニタで確認しました。
どちらも同じサイトを開いて30分ほど経過した時のエネルギー影響です。
Safariは平均9.19でSafariは平均6.38とSafariの方が電池持ちが良いのがわかりました。

SafariとChromeを裏に隠し、デスクトップにアクティビティモニタだけを表示したところ、それぞれの挙動が明らかに違いました。

  • Safari
    App Napがオンになるとエネルギー影響はほとんど0%で、たまにApp Napがオフになり動くがすぐに終了する。
    使用していない時は電池消費されにくいエコブラウザ
  • Chrome
    App Napがオンになっていてもアクティビティモニタよりも電池を消耗し続けていることから常に何かしらのプログラムが動いている可能性が高いです。一度、Chromeを開いたが最後、完全に閉じないとずっと裏で動いています。
    使用していない時でも電池消費し続ける暴走ブラウザ

Chromeはアイコン下に黒い点があるとずっと動いているのでcontrol+右クリックで上画像のようにタブを出し、終了する必要があります。

その後、様子を見ましたが変わらず、1時間後には平均エネルギー影響の差が2倍以上に開きました。
ノートパソコンであるMacBookは電池持ちが生命線なところがあるので僅差なら許容範囲でしたがこの明らかにわかるほどの差には付いていけません。
私はウェブサイトを修正するのに使い勝手が良いChromeを使っていましたがこれを機にMacbook proはSafariで記事作成専用、自作WindowsPCはChomeでウェブサイト修正と完全に使い分けていこうと決めました。

iPadとiPhoneのブラウザもChromeからSafariに変更

iPadとiPhoneは

  • Chromeの戻るボタン、タブボタンが上側で使いにくい
  • ブックマークが使いにくい

というデメリットがありつつもブックマークとパスワード同期のためにChromeを使っていましたがMacBookをSafariにすることからiPadとiPhoneもSafariに変更しました。

iOSのChromeもバッテリー消費が激しいと言われています。これは実証にかなり手間がかかるのでしないですが体感的には確かにSafariの方が電池持ちが良いように思えます。

はなざき
ブラウザをChromeにするかSafariにするかで悩んでいる人がネット上で検索してもそれなりにいる印象を受けます。
Chromeは以前より電池持ちが良くなったという情報もあったので信用して使っていましたがここまで違うともうApple製品でChromeを使うことはないでしょう。

シェアして頂けると励みになります

気軽にコメントどうぞ