IXCC ライトニングケーブル iPhone純正との充電速度比較

IXCCというスマホアクセサリー関連貿易会社の担当arashiさんからライトニングケーブルのレビュー依頼があったのでレビューしたいと思います。

左:開封済みの通常1m 右:開封前の極太3m

充電速度を比較する前にABOATのUSB-Cケーブルの時もそうでしたがレビュー依頼を頂いたものは自分の中の疑心を晴らす作業をします。

2016年12月31日階段で、アメリカAmazonで累計販売本数は550万本の上に総レビュー数28000を超えている超人気ケーブルで、製品の品質と口コミはアメリカ市場の試練をくぐり抜け、いよいよ日本に上陸し始まります、是非お楽しみください。

日本アマゾンのIXCCのライトニングケーブルの説明文ですが一応本当かどうか確認しました。

記事作成時点のアメリカAmazonのレビュー

確かにレビュー数は28000を超えていて75%が星5という驚異の数字を獲得していてベストセラー商品となっています。
気になる星1のレビューを見たところ、すぐ(3ヶ月以内)に壊れたという声が結構ありました。

上から順にAnker PowerLine+,iPhone純正,IXCC通常,IXCC極太

IXCCの細い方はiPhoneの純正よりも細く指でなぞると中の配線の膨らみを確認できるほどです。3mの極太はLANケーブル並みの太さです。
15000回以上の折り曲げテストに耐える性能があると謳っていますが本当でしょうか?
丈夫そうに見えるAnkerのPowerLine+でも6000回ですから怪しいところです。

ただ、耐久性の心配を払拭してくれるほど長い24ヶ月の保証が付いているのであまり心配しなくても良いかもしれません。

IXCC ライトニングUSBケーブルとiPhone純正ケーブルの充電速度比較

USB電流計を使って電圧、電流、10分後の充電量を測定しました。

  • スマホがiPhone7 Plus
  • 充電器がAnker PowerPort 5
  • ケーブルがiPhone純正とIXCC ライトニングUSBケーブル

いう条件で測定しています。

下表の電流の値は微増減されていた中でもよく表示された値を書いています。

IXCC
通常1m
IXCC
極太3m
iPhone純正
1m
電圧(V) 5.16 5.16 5.16
電流(A) 1.60
(1.9~1.57)
1.60
(1.73~1.52)
1.40
(1.60~1.21)
充電量 278mAh 270mAh 237mAh

見ての通り、iPhone純正より充電速度が速いですね。
IXCCの極太3mは長い割には通常1mとあまり変わらず優秀です。

  • 価格は1m 699円(純正比3分の1以下)
  • Apple MFi認証
  • Apple純正より充電速度が速い
  • 24ヶ月保証

というなかなかコスパ抜群のライトニングケーブルです。
とりあえずライトニングケーブルを買うならこのIXCCのケーブルで良いんじゃないかと思えるぐらいです。
耐久性には怪しいところはありますが24ヶ月保証ですし、Amazonのレビューを見ても担当者のarashiさんが不良品などの問題があったレビューに対して誠意に対応しているのがわかるので安心です。

はなざき
Anker ライトニングケーブル iPhone純正との充電速度比較と3種類のケーブルの違いと同じ計測方法で計測していますが電池残量やケーブルの長さで充電速度が変わるのでその記事のAnkerケーブルの数値と単純に比較できません。
近いうちに1mのあらゆるライトニングケーブルを揃えて全て同条件で検証します。
このケーブルどう?というのがあればコメントください。できる限り比較対象に入れたいと思います。

シェアして頂けると励みになります

気軽にコメントどうぞ