水環境電池 ランニングコスト0円のHybrid浄水カードリッジとHybrid浄水シャワーヘッド

hybrid-jyousui 水環境電池 ランニングコスト0円のHybrid浄水カードリッジとHybrid浄水シャワーヘッド

浄水シャワーヘッドを調べていたら株式会社水環境電池という会社のシャワーヘッドに辿り着いたので共に販売されている浄水カードリッジの情報もまとめてみます。

水環境電池 Hybrid浄水の仕組みは?

まず、Hybrid浄水カードリッジとHybridシャワーがどのように浄水しているか?という仕組みについてです。

水の中でイオン化傾向(又は電位差)の異なる2種類以上の金属を組み合わせると電池が形成される事は電気化学分野では公知である。
弊社が有する水周り製品開発技術と表面処理技術の知見から、水中ではイオン化傾向の近接している金属を合金化した場合、金属表面の電子配列が乱れる事により、ミクロ腐食電池が均一に起こり、粒状に溶出せずイオンとなって溶出する現象を見つけ、これを水環境電池に応用する事を考えた。(*特許登録2012年1月13日 特許第4901995号・実用新案登録2011年11月16日登録第3172242号)

水環境電池の基本構造は、(-)電極に、亜鉛をベースにイオン化傾向の近接したマグネシウムを微量含有させ、飲用水として必須の微細な濁りも無い、清く澄んだおいしい水を得ることを目的に、亜鉛-マグネシウム合金表面の電子配列を乱してミクロ電池を形成使用。(+)電極には錆びず水に臭いの移らないSAS304ステンレス鋼材を使用、中間にプラスチック製の間隔保持部材を配列し、均一な隙間空間を介して同軸上に重ね合わせて電池を形成した。

この技術を元に以下の2つの効果があると言われています。

  • 水中の酸素を活用して活性酸素を作り、臭いや汚れの元となる有機物質を二酸化炭素と水に分解する
  • 亜鉛・マグネシウムイオンが抗菌イオンとして働く

カートリッジの交換が不要というのが全面的に謳われていて見逃しがちなのが以下の2点です。

  • 塩素(個体)は除去していない
    カルキ臭(塩素と結びついているアンモニア)だけを分解しているのでレビューでは残留塩素テストをしても反応すると評価が悪いものもあります。
    物理的に濾過しないので塩素のみならずその他の不純物は含まれている可能性があります。
    メーカーはこの辺を曖昧にしているので明記するべきですね。
  • ランニングコスト0円、手入れ不要ではない
    年に2回、クエン酸で電極についた酸化膜をとる必要がある(詳しくは→メンテナンス 楽天市場)
    5年〜9年毎(使用環境による)にマイナス電極(5000円前後)を交換する必要がある(詳しくは→公式サイト最下部)

これらを踏まえてHybrid浄水カートリッジとHybrid浄水シャワーのそれぞれを純正、交換型のものと比較してみていきたいと思います。

水環境電池 Hybrid浄水カードリッジ

hybrid-jyousui1 水環境電池 ランニングコスト0円のHybrid浄水カードリッジとHybrid浄水シャワーヘッド

結論から言うと物理的な濾過を施さないので純正カートリッジの性能を求める人にはオススメできません。
しかし、純正カートリッジは維持費が高いからつけていないという人にはかなり良いと思います。

純正カートリッジではなかなかできないあらゆる用途である程度浄化されている水を使えるのもこのHybrid浄水カードリッジの良いところですね。

純正カートリッジとHybrid浄水カードリッジは一長一短があります。

純正 Hybrid
物理的濾過 ×
抗菌 ×
コスト ×

また、地域、貯水タンク、水道管により水質の違いがあり、物理的な汚れがひどいとHybrid浄水カードリッジでは対処できないですし、使用用途、どこまで求めるかなどでも感じ方が違うのでこの辺でもレビューが大きく分かれているのだと思われます。

抗菌、コストの面では確かに魅力ではありますが私は物理濾過のある純正のままにしようかと思います。
繰り返しになりますが純正カートリッジをつけていない人にはかなり良い商品だと思います。

水環境電池 Hybrid浄水シャワーヘッド

hybrid-jyousui1 水環境電池 ランニングコスト0円のHybrid浄水カードリッジとHybrid浄水シャワーヘッド

塩素除去するタイプのシャワーヘッドには活性炭タイプ、亜硫酸カルシウムタイプ、ビタミンCタイプの3種類ありますが浄水カートリッジのように高額ではないのでランニングコストは馬鹿高くないです。

しかしお風呂もそうですがシャワーヘッド自体もカビが繁殖しやすい環境にあるので(メーカーも唄っていますが)Hybridの抗菌作用がかなり有効だと思います。
Hybridは塩素を除去しないのですがレビューを見る限り、アトピーが改善されていたり、肌、頭皮の改善にも繋がっているので

  • 塩素よりも有機物(ないしは塩素化合物)の方が肌に悪いんじゃないか?
  • 抗菌作用(カビ菌抑止、細菌繁殖抑止など)で改善しているのか?

と考えられます。(あくまでも推測)
※塩素自体が原因で調子が悪い人は注意してください。

あとレビューを見る限りの注意点は

  • ヘッドが重い
  • 水圧が弱い

というのが見受けられました。
ヘッドの重さは慣れでいけそうですが水圧は環境によるところもあるので試してみないとわからないですね。

スタンダードとプレミアムの2種類ありますがプレミアムの方が以下のメリットがあります。

  • 除菌効果が高い(電極部が大きい)
  • お湯張りができる(電極部が大きい)
    スタンダードでもできなくはないですが能力が追いつかないのだと説明文から推測できます。
  • 高圧洗浄があり掃除が楽

この機能差で3500円ほどなので(重さは倍以上しますが)プレミアムが良いと思います。

私はアトピーまではいきませんが肌が敏感なので肌、頭皮の改善のレビューは気になったので試してみたいと思います。
※後日レビューします。

記事作成時点ではHybriod浄水カートリッジ、Hybrid浄水シャワーはどこで購入しても同じ金額なのでお好きなショップで購入して良さそうです。

hybrid-jyousui-486x290 水環境電池 ランニングコスト0円のHybrid浄水カードリッジとHybrid浄水シャワーヘッド

シェアして頂けると励みになります

気軽にコメントどうぞ