Anker ライトニングケーブル iPhone純正との充電速度比較と5種類のケーブルの違い

anker-cable Anker ライトニングケーブル iPhone純正との充電速度比較と5種類のケーブルの違い
7/19にMicro USB、USB-C、Lightningコネクタを1本にまとめたAnker PowerLine II 3-in-1 ケーブルが発売されたので追記しました。

Anker PowerPort Speed 5とiPhoneとiPad純正アダプタの充電速度比較ではアダプタの充電速度を比較しました。
今回はiPhoneの純正ケーブルとAnker(アンカー)のケーブルの充電速度の比較をしていきます。

モバイルバッテリーの比較→Anker(アンカー) モバイルバッテリー比較表で自分に最適なものを選ぼう!
充電器の比較→Anker(アンカー) 充電器比較表で自分に最適なものを選ぼう!

まず初めに

  • Anker(アンカー)とは?
  • 30日間返品返金保証・18ヶ月保証と手続き方法
  • アンカー製品はAmazonが安い!?偽物が流通している!?

について書いているので知っている人は目次で飛ばして下さい。

Anker(アンカー)とは?

Anker(アンカー)は米Googleの検索エンジニアが2011年に設立した会社で現在ではアメリカ、日本、欧州など、世界のEC市場でトップクラスの販売実績と評価を獲得していますが公式サイトの採用ページに企業理念が載っていました。

Ankerの誕生は、今からおよそ6年前の2011年。米Google出身の若き検索エンジニアがPC部品を買おうとしたときに、いちユーザーとして抱いた疑問がきっかけでした。
品質には優れるが価格の高い純正品か、価格は安いが品質やサポートが劣るノンブランド品しかない限られた選択肢。

―なぜ、手の届きやすい価格と、優れた機能性・品質・サポートを兼ね備えた製品がないのだろう?

この疑問に対して答えるべく、Ankerの事業と製品は設計されました。
手の届きやすい価格で機能性・品質・サポートを兼ね備えた、自分たちが本当に使いたいと思える製品を世に送り出す。
いつまでも変わらない、Ankerグループの基本的な考え方です。

Anker製品は低価格・高品質・良サポートで人気ですが正にそれらを目標に設立されていたのですね。

30日間返品返金保証・18ヶ月保証と手続き方法

Ankerの保証には以下の2種類あります。

  • 30日間返品返金保証(Amazon、楽天、ヤフーの直営店Anker Directでの購入に限る)
    不具合、未使用でのキズ・箱潰れなどがあった場合に30日以内に商品を送り返すと返金してもらえます。誤って購入した場合はこちらが送料を負担しなくてはいけません。
  • 18ヶ月保証
    18ヶ月以内に不具合があった場合は返金または同一新品製品と交換してくれます。

詳しくはAnkerの公式サイトの保証内容をご確認下さい。

保証の手続きは以下の3つのどれかから可能です。

アンカー製品はAmazonが安い!?偽物が流通している!?

アンカーのモバイルバッテリー・充電器・ケーブルはAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングの直営店で取り扱いがありますが全ての製品においてAmazonの方が安いです。
比較的新しい商品はAmazonでしか取り扱っていない場合もあります。

また、アンカーは人気ブランドのため多くの偽物が流通しているので直営店で購入するのが無難です。

Anker PowerLine+ ライトニングUSBケーブルとiPhone純正ケーブルの充電速度比較

USB電流計を使って電圧、電流、10分後の充電量を測定しました。

  • スマホがiPhone7 Plus
  • 充電器がAnker PowerPort 5
  • ケーブルがiPhone純正とAnker PowerLine+ ライトニングUSBケーブル

いう条件で測定しています。

下表の電流の値は微増減されていた中でもよく表示された値を書いています。

Anker
PowerLine+
iPhone純正
電圧(V)5.155.15
電流(A)1.40
(1.56~1.10)
1.10
(1.38~0.56)
充電量224mAh175mAh

電流値を比べるとよくわかります。
Ankerのケーブルは1Aを下回ることなく安定してiPhone純正の平均値さえも下回ることもありませんでした。
逆にiPhoneの純正ケーブルはとても不安定で頻繁に1Aを下回りました。

Ankerのケーブルが優れているのがよくわかりました。

2017年1月6日追記
上記の結果はバッテリー残量が80%以上の時の結果でしたが30%ぐらいだともっと差があったので掲載します。
条件はバッテリ残量以外変わっていません。
Anker
PowerLine+
iPhone純正
電圧(V)5.155.15〜5.13
電流(A)1.88
(2.00~1.82)
1.30
(1.44~1.24)
充電量315mAh218mAh

iPhone純正は電圧も不安定でした。5分ほどしたら安定して5.15Vでした。
充電量が100mAhも違うので充電速度が全然違うのがわかるかと思います。

Anker プレミアム、PowerLinePowerLine+、PowerLine Ⅱ、PowerLine+の5種類のライトニングUSBケーブル比較

現在販売されているAnkerのライトニングケーブルには

の5種類のケーブルがあります。

全て急速充電とPowerIQに対応していて充電速度の性能は全く同じです。

一部商品ページにはPowerIQ対応の表記がないものもありましたがAnkerに問い合わせたところ、Ankerのケーブルは全て急速充電とPowerIQに対応していると回答を頂きました。

大きく何が違うのかというと耐久性(何回以上の折り曲げに耐えられるかという基準)が違います。
それぞれの違いを表にしてみました。

プレミアムPowerLinePowerLine+PowerLineⅡPowerLine+Ⅱ
耐久性4000回5000回6000回12000回30000回
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
レッド
ゴールド
ブラック
ホワイト
ブラック
シルバー
レッド
ゴールド
長さ
(m)
0.9
1.8
3.0
0.1
0.3
0.9
0.3
0.9
1.8
3.0
0.3
0.9
1.8
3.0
発売日2014/52015/8 2016/12017/52017/11
レビュー傾向不具合多抜けやすい比較的安定比較的安定 安定
価格
(0.9m)
790円999円1,599円1,199円2,000円
  • プレミアム
    安いですが2年以上前の商品ということとレビューでの不具合報告が他より多かったので18ヶ月保証があるとは言え頻発されると交換手続きが面倒になるのでやめました。
  • PowerLine
    抜けやすいというレビューが多かったのでやめました。
  • PowerLine+
    価格が1599円と高いですがレビューが他より比較的安定していたのでこちらを購入しました。(購入したのはⅡシリーズが発売する前です。)
  • PowerLine Ⅱ
    安くて耐久性の良いが発売されたのでとりあえずこれを買えば良さそうです。
    レビューも他より安定しています。
  • PowerLine+Ⅱ
    外的耐久性が高いだけではなく、内部も高品質な素材で仕上げられており、充電を繰り返しても劣化しにくく、内外共により長く使える仕様になっています。
    下図はPowerLine+Ⅱの内部断面画像です。
    64e995a26dd75788e2b0dafadc7bc53b Anker ライトニングケーブル iPhone純正との充電速度比較と5種類のケーブルの違い
    PowerLine Ⅱより800円ほど高いですが耐久性と充電速度を追求する人はPowerLine+Ⅱを選んでおけば間違いないでしょう。
    また、公式で2倍以上の耐久性の差があるので長い目で見ると安くなる可能性も十分考えられますし色も豊富です。

Ⅱシリーズが発売された現在ではPowerLine ⅡとPowerLine+Ⅱの2択になりますがあまり使わないサブはPowerLine Ⅱ、よく使うメインはPowerLine+Ⅱというような組み合わせもアリですね。

PowerLine+/Ⅱ/+Ⅱを実際に使用してみてのレビュー

充電速度は既述の通り、速くて満足しています。

予想外だったのはナイロン素材で形状記憶が可能ということでした。
(PowerLine+Ⅱも同じナイロン素材です。)

64e995a26dd75788e2b0dafadc7bc53b Anker ライトニングケーブル iPhone純正との充電速度比較と5種類のケーブルの違い

iPhone,iPad,MacBookを充電しているスタンドなのですがiPadを充電する時はこんな感じ

見ての通り、形状記憶されていて上にケーブルが向いています。
奥は純正ケーブルです。

  • 充電しやすい
  • ケーブルを外した時に端子が地面に当たらない(故障しにくい)

というちょっとしたことですがメリットがありました。
下の写真はPowerLine Ⅱ(奥)とPowerLine+の比較です。

64e995a26dd75788e2b0dafadc7bc53b Anker ライトニングケーブル iPhone純正との充電速度比較と5種類のケーブルの違い

PowerLine+ほどではありませんが新モデルのPowerLine Ⅱもしっかりしていて柔らかい素材なのである程度形状記憶されるので純正ケーブルより取り回しは全然良いです。
PowerLine +Ⅱは気持ち固めで最初は少し取り回しにくいですが少しずつ馴染んできます。

ということでAnkerの充電器PowerPort、モバイルバッテリーPowerCoreは充電ケーブルPowerLineとセットで買ってこそ真価が発揮される商品ですので是非、試して下さい。
2018年7月19日にMicro USB、USB-C、Lightningコネクタを1本にまとめたAnker PowerLine II 3-in-1 ケーブルが発売されした。基本性能はPowerLine IIと同じです。
今後コネクタの規格はUSB-Cに統一されていく流れですがそれまでこの1本があればこと足りるでしょう。

これ一本で大丈夫PowerLine Ⅱ 3-in-1

コスパの良いPowerLine Ⅱ

長い目で見るとコスパ最強のPowerLine+Ⅱ

anker-cable-356x213 Anker ライトニングケーブル iPhone純正との充電速度比較と5種類のケーブルの違い

シェアして頂けると励みになります

6 件のコメント

  • 記事の内容参考になりました。
    ただ、PowerLine+Ⅱを調べてみると0.3mのものがブラックのみですがあるようです。
    プレミアムとPowerLineⅡを持っていますが次ケーブルが欲しくなったらPowerLine+Ⅱを選んでみたいです。

    • 匿名様

      ご指摘ありがとうございます。
      2018年1月にPowerLine+Ⅱ0.3mを購入したのですが
      発売当時は0.3mがなかったのでそのままにしていたようです。

  • 気軽にコメントどうぞ